紙幣を持つ人

airbnbが人気|新しい投資方法を伝授

規制緩和が期待されます

レディ

部屋を用意しよう

最近、新しい不動産投資の方法として注目されているものが民泊です。民泊は、外国人旅行客の増加を背景に、今後、大きく規制緩和されることが期待されています。民泊には、2つの注目ポイントがあります。1つ目の注目ポイントは空室になりがちな収益物件でも宿泊施設としての需要は高いということです。宿泊施設は多少不便でも、宿泊代次第で集客をすることができます。旅行者の中には、宿泊代は安く済ませて、お土産やご飯にお金を掛けたいという人も多いからです。2つ目の注目ポイントは、収益物件を保有していなくても民泊を始めることができるという点です。民泊は宿泊する部屋さえ用意すれば始めることができます。部屋はわざわざ買わなくても賃貸でも用意できます。部屋を借りて、宿泊施設として貸し出せば、宿泊代と家賃の差額を利益として受け取ることができます。手元資金が潤沢でなくても、賃貸であれば、民泊を始めやすいですし、仮に投資に失敗しても撤退を迅速に行うことができます。なお、民泊を投資として始める際に、覚えておきたいサービスがairbnbです。airbnbとは、民泊施設を宿泊客であるゲストに紹介している最大級のインターネットサイトです。なお、airbnbの手続きは自分で行うこともできますが、すでにairbnb代行業者が登場しています。airbnb代行業者を利用することで、登録を素早く行うことができ、投資をスムーズに始められます。