紙幣を持つ人

airbnbが人気|新しい投資方法を伝授

空き家が注目されています

お金を数える人

今後拡大が見込まれます

民泊は新たな投資手段として非常に魅力です。なぜならば、すでに宿泊施設の不足が問題となっているからです。政府は、2016年に2040万人だった訪日外国人数を、2020年には4000万人まで増やすという目標を掲げています。今のままでは宿泊施設が大幅に足りなくなることが目に見えており、ホテルが次々に建設されています。ホテル業界は活況に沸いているといってもよいくらいです。そして、ホテルと同じくらい注目されているものが民泊です。民泊とは宿泊施設としての設備などが整っていない民家を一定の条件のもと貸し出すというサービスです。空き家を活用しようと政府が民泊を積極的に推進するようになってきました。法整備などはこれからですが、一般賃貸よりも高い収益を上げられる可能性があることから、新たな投資手段としても注目されています。もしも、民泊投資を検討しているのであればairbnbも勉強しておきましょう。airbnbとは宿泊施設を提供する人と宿泊施設を借りたい人を結びつけるマッチングサイトです。現在、多くの旅行客が利用しており、国内よりも海外で高い知名度を誇っています。民泊の集客にはairbnbが不可欠と言えます。民泊投資をしたいけれどもairbnbはよくわからないし、手続きが負担だと考えているようであれば、第三者に手続きや運営をお任せしてしまいましょう。現在、airbnbへの登録手続きや運営手続きをしてくれる民泊代行業者も増えています。